韓国へ行く前の準備【トラブル対応編】

ドキドキワクワク!つい気持ちが舞い上がってしまいますが、
何が起こるかわからないのが海外旅行です。

言葉の通じない海外でトラブルが起こった時のために、前もって対応策を知っておきましょう!

 

韓国で起こりうる様々なトラブル

韓国は比較的治安のいい国ですが、観光客を狙った犯罪が無い訳ではありません。
韓国に限らず、海外に行く際には自身での注意が重要なのです。

置き引き、スリ、ひったくりは観光客が最も狙われやすい犯罪です。
空港やホテルのロビーなどでも自分の荷物からは目を離さないようにしましょう。

貴重品はホテルの金庫に入れておくか、すぐには取り出せないようにして持ち歩きましょう。

タクシーによるトラブルも多く報告されています。
女性一人で、特に深夜にタクシーに乗るのは避けたほうがいいでしょう。

観光地や空港には、「○○まで△△ウォンで行ってあげる」というメーターを使わない
ぼったくりタクシーが現れます。

相場の分からない観光客から高額な運賃を取るので注意してください。
タクシーを利用する場合は少し割高ではありますが、
模範(モボム)タクシーを利用するのが安心です。

 

屋台ではぼったくりに、市場では引き込みに注意!

これは私が実際に体験しました。東大門にある屋台に立ち寄った時です。
「いらっしゃい」と日本語で声をかけてくれて、日本人用メニュー(日本語表記)の
メニューをくれました。

しかしその値段が、壁に書かれているメニュー(韓国語表記)より3割り増しで高かったのです。
「どうして値段が違うの?」と指摘してみると、
「あら。韓国語わかるのね?うふふ」と苦笑いをしながら、慌てて日本人用メニューを隠したのです!!

このように日本人だとわかると通常の料金より割高に請求しようとする屋台
もあるので注意が必要です。

食事をするならきちんとした店舗に入ることをオススメしますが、どうしても屋台に入りたい場合は、
自分達が何をどれぐらい食べたのか把握するか、注文前に値段を確認しましょう。

 

南大門などの市場に行くと、強引な客引きに遭うことがあります。
日本人女性を見つけると「おねえさん、安くするよ!」と言いながら
イケメンなお兄さんが手を引いてきます。

強引に店内に連れ込んで、断りづらい雰囲気に持ち込んできますが負けてはいけません!
「いりいません!」と手を振り払うなり、完全に無視するなり、強気でいきましょう!

また「完璧な偽者あるよ」と声をかけられることがあると思います。

興味を示すと、裏路地や雑居ビルの片隅などに連れて行かれ、隠してある商品を見せてくれます。
しかしご存知の通り、ブランドの偽物を作って売っている犯罪ですので決して買ってはいけません。

 

トラブルが起きた時の緊急連絡先!

トラブルが起きた時に慌てずきちんと対応できるよう、以下の連絡先を知っておくと便利です。
韓国語で伝えられない時は、ホテルなどの日本語のできるスタッフにお願いしましょう。

○警察112(24時間日本語通訳サービスがあります。「Japanese」と言いましょう)
○日本大使館02-2170-5200(パスポートの紛失などはこちらに)
○外国人のための「Help me 119」サービス119(日本語を含む16ヶ国語、24時間対応)
○外国人のための救急医療サービス1339(応急処置や病院案内)

その他クレジットカードなどを持参するなら、紛失や盗難ににあった場合にすぐ使用停止できるよう、
カード会社の連絡先を必ずひかえて行きましょう。

 

このようなトラブル・トラブル対策をしっかり頭に入れて、
安全安心で楽しい韓国力にでかけてください!!

タグ

韓国へ行く前の準備【通過・レート編】

韓国に旅立つ前に知っておきたい大事なこと!それは「お金」について!
現地で損をしないように、両替のヒントや物価についてお教えします。

 

韓国の通貨「ウォン」を学ぼう!

韓国の通貨単位は「원」(ウォン)。英語表記は「w」です。

硬貨は1w・5w・10w・50w・100w・500wの6種類。
紙幣は1000w・5000w・10000w・50000wの4種類です。

1w・5wは現在ほとんど使われていないので、お目にかかることはないかもしれません。

3~5年ほど前までは、だいたい「100円=1000ウォン」という
分かりやすいレートでした。

しかしそこから変動を繰り返し、現在は円高の影響でかなりお得です!
2011年9月現在では「100円=1500ウォン」程度となっています。

 

上手に両替しよう!

日本円を韓国ウォンに両替する場合、前もって日本国内で両替するのはお勧めしません。
韓国には両替所がたくさんあり、手数料込みでレートも良いところが多いです。

最も換金率良く安心して両替できるのが、公認両替所です。

例えば明洞などの繁華街に行けば、数100メートルおきに公認両替所があります。
両替所ごとにわずかにレートの差がある場合もあるので、よく比べてみましょう。

銀行・空港・ホテルでも両替できますが、レートはあまりよくないので注意しましょう。

道端に座って「両替できるよ」と声をかけてくるおばちゃんに遭遇するかもしれませんが、
非公認の違法両替なので、レートが良くても両替するのはやめましょう。

韓国ウォンを日本円に両替したい場合は、韓国国内で済ませましょう。
日本では両替できるところがほとんどなく、できてもかなり損をします。

最もいいのは韓国ウォンは韓国で使い切ってしまうことです!

 

どれぐらい?韓国の物価!

韓国の物価は日本とほぼ同じか、日本より少し安い程度だと考えてください!
2011年9月現在のレートで、いくつか例をあげてみますので参考にしてください。

500mlペットボトルの水:700w(約45円)
350ml缶のビール:1750w(約110円)
キムパッ(韓国風のりまき):1500w(約95円)
石焼ビビンパッ:8000w(約500円)
サムギョプサル(豚の三枚肉の焼肉):12000w(約760円)
その他、衣料品や化粧品などは日本より安く購入できます。

比較的高いのがコーヒーです。
チェーン店などのカフェに入ると、コーヒー一杯が5000w程度です。
これはお昼ご飯をお腹いっぱい食べられるほどの金額に相当します。

またハンバーガーなどのファーストフードの価格も、他のものの物価と比べ、少し高めです。

タグ

韓国へ行く前の準備【宿泊編】

韓国のホテルに宿泊する際に注意すべき点、日本と違う点があります。
滞在中に困らないように、ここで勉強しておきましょう!

 

ホテルの基本

日本人旅行客が格段に増えた今日。
特別小さい所でなければ、ほとんどのホテルに日本語を話せるスタッフがいます。

案内表示やメニューなども日本語表記がされているので安心です。
ホテルで観光ツアーを申し込むこともできます。

どこの国に行ってもホテルに着いた際に迷うのがチップですが、
韓国のホテルでは特別なことが無い限りチップを渡す必要はありません。

 

まず室内をチェック!

シャワーやトイレの水の出が悪い、お湯が出ない・・・実はこのようなトラブルが少なくありません。
快適に過ごすためには、チェックインしたらまず一通り室内をチェックするのがポイントです!

韓国は夏以外の季節は非常に乾燥します。

特に暖房がはいる秋冬の部屋は乾燥が激しく、一晩で喉を痛めてしまいます。
ホテルによっては加湿器を貸してくれる場合もあるので、必要な方は確認してみましょう。

 

電気製品を使うには?

日本の電圧は110V、プラグの形はA型ですが、韓国の電圧は220V、プラグはC型・SE型です。
つまり日本の電化製品を韓国でそのまま使うことはできません。

220Vに対応していない電化製品を使いたい場合は変圧器が必要です。

変圧器はホテルの部屋に備え付けられていたり、貸してくれる場合もあります。
プラグに関しては日本のものと韓国のものでは形状が全く違うので、変換プラグが必要です。
変換プラグは日本の家電量販店や空港などで買うことができます。ひとつ500円程度です。

最近では日本のコンセントを完備したホテルも増えてきています。
可能であれば自分が宿泊するホテルがどのようになっているのか確認しておくのがいいでしょう。

 

水には注意が必要!

水道水は飲まないようにしましょう。シャワー、洗顔、歯磨きに使う場合は問題ありません。
韓国ではウォーターサーバーが普及していて、飲料用や料理にはその水を使ってます。

部屋にウォーターサーバーが設置されている場合もあります。

設置されていない場合はコンビニなどで必要な分を買っておくといいでしょう。
ホテルでも買うことができますが、そこはやはりホテル価格になっております・・

 

その他、貴重品の管理などを気をつけなければいけないのは基本中の基本!
治安はいい国ですが、盗難などがないわけではありません。

最善の注意を払って、楽しい旅にしましょう!!

タグ

韓国へ行く前の準備【気候編】

 

韓国旅行は初めてという方へ。
韓国に行く前にしておきたい準備、最低限知っておきたい基本情報をご紹介します!

これをおさえておけば、韓国に行って慌てたり困ることはないでしょう。

 

まずは気候・気温をチェック!

隣国であり、日本と同じように四季がある韓国。しかし日本と同じだと考えてはいけません!
四季それぞれの注意点をまとめてみました。

 

日中は暖かくても、朝晩は冬の名残で冷え込むことが多くなります。
一日の気温差をチェックし、しっかりした上着を用意しておくのが安心です。

また春は黄砂の季節。大陸の風に乗って、大量の黄砂が飛んできます。

日本の環境省の「黄砂飛来情報」で黄砂の状況を確認することができますよ。
黄砂がたくさん飛んでいるようなら、マスクやサングラスなどを用意しておきましょう。

最高気温は東京より少し低いですが、湿度が非常に高いです。

また7月から9月は降水量が多くなるので、折りたたみ傘を持っているといいでしょう。
紫外線対策はもちろん、水分をこまめにとって熱中症対策もお忘れなく!

空気が乾燥し晴れの日が多いので、秋は観光には最適です。

しかし韓国の秋は非常に短く、あっという間に冬が来てしまいます。
日差しが強く日向は暑くても、日陰に入ると空気がひんやりして肌寒いことも。
上に一枚さっと羽織れるものや、ストールなどを持っていると安心です。

冬はとにかく寒い!日本の寒さと同じように考えてはいけません。
特に寒い1月では日中でも気温が-10℃ちかくになることもあります。

また大陸から吹き抜ける風は乾燥していて非常に冷たいので、寒さを「痛い」と感じるほどです。
荷物が多くなっても、帽子、手袋、マフラーなどの小物も忘れずに。

自分のできる最大限の防寒対策をして行きましょう!

 

万が一現地で困っても、コンビニや衣料店はどこにでもあるので買い物はしやすい環境ですが、
限られた時間を無駄に使ってしまうのはもったいないですよね。

それにせっかくの韓国旅行も、途中で体調を崩してしまっては楽しむことはできません。

現地ですぐに対応できるように、事前にしっかり確認して、万全の準備で旅立ちましょう!!

タグ

韓国語 覚えておきたいワンフレーズ 【交通編】

 

韓国人と同じように地下鉄に揺られたり、バスからの景色を楽しんだりすることで、
観光情報誌には載ってない、韓国の本当の姿を見つけることができるでしょう。
ここでは、交通機関を利用する時に使えるフレーズをお教えします!

 

覚えておくと役に立つ!【交通編】

(1)교통카드 주세요.(キョトンカドゥ ジュセヨ)・・・「交通カードください」
交通カード(T-moneyと呼ばれています)とは日本のPASMOやSUICAのようなものです。
日本と同じように切符を通すか、交通カードをピッとあてて改札を通ります。

(2)만원 충전해주세요.(マノォン チュンジョネジュセヨ)・・・「1万ウォン、チャージしてください」
交通カードは前もって好きな金額をチャージして使います。
自動券売機か、駅員さんがいる窓口でチャージすることができます。

(3)・・까지 한장 주세요.(・・カジ ハンジャンジュセヨ)・・・「・・まで1枚ください」
切符も自動券売機か窓口で買うことができます。10キロ圏内は1000ウォンです。
しかし交通カードだと少しお得な900ウォンで10キロ圏内どこでも行けます!

(4)막차가 몇시에요?(マッチャガ ミョッシエヨ?)・・・「終電は何時ですか?」
夜遊びをする予定なら終電の時間もチェックしておきましょう!
ちなみに始発は첫차(チョッチャ)です。

(5)・・까지 가고싶어요.(・・カジ カゴシポヨ)・・・「・・まで行きたいです」
道で迷った時、切符の買い方がわからない時など、困った時はこれです!
韓国人は親切ですから、困っていれば親身になって助けてくれますよ。

(6)어디서 갈아타야돼요?(オディソ カラタヤドェヨ?)・・・「どこで乗り換えですか?」
ソウル市内は地下鉄だけで10路線走っているので、乗り換えがちょっと複雑です。
ちなみに2路線以上が走っている乗り換えが可能な駅を환승역(ファンスンヨク)といいます。

(7)・・까지 가주세요(・カジ カジュセヨ)・・・「・・まで行って下さい」
タクシーに乗ったら、挨拶をしてからこの一言!

(8)・・까지 얼마나 들어요?(・・カジ オルマナトゥロヨ?)・・・「・・までいくらぐらいですか?」
目的地まで近いのか遠いのか分からない場合は、乗ってすぐ確認すると安心ですね。

(9)・・까지 얼마나 걸려요?(・・カジ オルマナコルリョヨ?)・・・「・・までどれぐらいかかりますか?(時間)」
ソウル市内は車の交通量が多いので渋滞することも多いです。
急いでいる場合は「서둘러 주세요」(ソドゥロ ジュセヨ)と申し訳なさそうに言いましょう!

(10)여기서 세워주세요.(ヨギソ セウォジュセヨ)・・・「ここで停めてください」
料金の不正が無いように、メーターのチェックも忘れずに!

(11)영스증 주세요.(ヨンスジュン ジュセヨ)・・・「領収書ください」
お店やホテルでも使えるワンフレーズです。

 

ソウル市内はバスもたくさん走っていますが、路線数が多すぎ複雑なので観光には向いていません。
タクシーの初乗り運賃は2400ウォンと格安です!

行き先や人数によって、地下鉄やタクシーを上手に使い分けてみてください!

タグ

韓国語 覚えておきたいワンフレーズ 【ホテル・宿泊編】

 

韓国の一般的なホテルには日本語のできるスタッフが増えてきました。
しかし、多くの場合は日本語より英語のほうが通じます。

でもせっかくなら英語ではなく韓国語で話をしたいですよね?
ここではホテルなど宿泊先で使えそうなフレーズをまとめてみました。

 

旅行先で使おう!韓国語【ホテル・宿泊編】

(1)예약한 ・・입니다.(イェヤカン ・・イムニダ)・・・「予約した・・です」
・・には名前を入れてください。「・・イムニダ」だけで自己紹介もできます。

(2)체크인할 수 있어요?(チェックインハルスイッソヨ?)・・・「チェックインできますか?」
「チェックイン」は英語なので韓国語でもそのまま使います。

(3)하루 얼마메요?(ハル オルマエヨ?)・・・「一日 いくらですか?」
「オルマエヨ?」(いくらですか?)はこれまでにも何度か出てきました。
旅行中はよく使う言葉なので、ぜひ覚えてくださいね!

(4)체크아웃이 몇 시에요?(チェックアウシ ミョッシエヨ?)・・・「チェックアウトは何時ですか?」
ここで注意が必要なのは「チェックアウト」です!「アウト」と言ってしまうと通じません。
「アウシ」または「アウッ」と発音しましょう!

(5)빈 방이 있어요?(ピンパンイ イッソヨ?)・・・「空いている部屋はありますか?」
前もって高いホテルを予約しなくても、韓国には民宿や旅行者用格安ホテルもたくさんあります。
飛び込みで宿を見つけるのも、ドキドキして楽しいかもしれませんね!

(6)방을 바꿔주세요.(パンウル パックォジュセヨ)・・・「部屋を替えてください」
部屋を確認してなにか問題があったら、遠慮せずに言いましょう。

(7)짐을 맡겨도 돼요?(チムル マッキョドドェヨ?)・・・「荷物を預けてもいいですか?」
大きくて観光に邪魔になる荷物はホテルで預かってくれますが、
貴重品や壊れやすいものなどは自分できちんと管理しましょう!

(8)짐을 갖다 주시겠어요?(チムル カッタジュシゲッソヨ?)・・・「荷物を運んでいただけますか?」
「~주세요」(~ジュセヨ)は「~してください」と、何かをお願いする時に使いますが、
「~ 주시겠어요」(~ジュシゲッソヨ?)はそれをとても丁寧にした言い方です。

(9)택시를 불러주세요.(テクシルル プルロジュセヨ)・・・「タクシーを呼んでください」
タクシーは日本と比べ非常に料金が安いです。
バスや電車に乗るのが不安な場合や数人で移動する場合はタクシーを利用するのが便利です。

(10)물이 안 나와요.(ムリ アンナワヨ)・・・「水が出ません」
お風呂や洗面所の水を確認しましょう。お風呂の場合はお湯が出るかも確認が必要です。
「お湯が出ません」の場合は「뜨거운 물이 안 나와요」(トゥゴウン ムリ アンナワヨ)です。

(11)화장실이 막혔어요.(ファジャンシリ マッキョッソヨ)・・・「トイレが詰まりました」
実は韓国ではトイレが詰まることがよくあります。日本のトイレがよく出来すぎなんですね。
ホテルの場合は整備の人がすぐに来てくれて、すぐに直してくれます。

(12)열쇠를 잃었어요.(ヨルスェルル イロッソヨ)・・・「鍵を失くしました」
鍵以外にも、「지갑(チガプ)」:財布、「여권(ヨックウォン)」:パスポートなど、一緒に覚えておくといいですね!

 

日本語のできるスタッフが増えてきて、便利で安心なホテルですが、
せっかくですから何かひとつでも韓国語を使ってみてはいかがでしょうか?

韓国語を使ってみて通じなかったら、日本語に替えればいいんですから(笑)!

タグ

韓国語 覚えておきたいワンフレーズ 【ショッピング編】

 

洋服や化粧品など、韓国では日本よりお手頃価格で買うことができます。

南大門や東大門などの大きな市場で、韓国の活気を感じながらショッピングをするのもオススメ!
そんなショッピングがより楽しくなるようなワンフレーズをお教えします!

 

覚えておくと役に立つ韓国語【ショッピング編】

(1)이게 뭐예요?(イゲ ムォエヨ?)・・・「これは何ですか?」
日本では見かけない不思議なものを見つけたら、聞いてみましょう。

(2)이거 주세요.(イゴ ジュセヨ)・・・「これください」
이거(イゴ)が「これ」です。商品を指差して言ってみましょう!
ちなみに그거(クゴ)が「それ」、 저거(チョゴ)が「あれ」です。

(3)얼마에요?(オルマエヨ?)・・・「いくらですか?」
市場や露天商では値段がわからないことが多いので、きちんと確認しましょう!

(4)일본 엔으로 얼마에요?(イルボン エヌロ オルマエヨ?)・・・「日本円でいくらですか?」
「オルマエヨ?」の応用編です。
일본(イルボン)が日本のことで、일본사람(イルボンサラム)だと日本人です。

(5)갂아 주세요.(カッカジュセヨ)・・・「安くしてください」
市場や露天商などでは値下げしてくれる場合もありますよ!

(6)괜찮습니다.(クェンチャンスムニダ)・・・「大丈夫です」
商品を勧められてやんわり断りたい時はこれを使いましょう。
日本の「大丈夫」と同じで、体調が大丈夫、時間が大丈夫など、使う機会が多い単語です。

(7)됐어요.(テッソヨ)・・・「結構です」
強引に商品を勧められたりして強気で断りたい時にはこちらを使いましょう。
「괜찮아요」でダメでも、強めに「됐어요」と言えば相手は諦めると思います!

(8)카드로 계산해요.(カドゥロ ゲェサネヨ)・・・「カードで会計します」
市場や露天商以外ならほとんどの場合カード払いを利用できますよ。

(9)관광안내소 어디에요?(クァングァンアンネソ オディエヨ?)・・・「観光案内所どこですか?」
ソウル市内は観光地が多いので、街の至る所に観光案内所があり、日本語のできるスタッフがいます。
おすすめショップを教えてくれたり、道案内もしてくれますよ。

(10)화장실 어디에요?(ファジャンシル オディエヨ?)・・・「トイレどこですか?」
어디에요?(オディエヨ?)は上記と同じですね。前の単語を変えればいろいろ使えます。
・・호텔(・・ホテル)、・・ 역(・・ヨク)「駅」、 입구(イプク)「入口」、 출구(チュルグ)「出口」など。

(11)한국 원으로 환전해주세요.(ハングク ウォヌロ ファンジョネジュセヨ)・・・「韓国ウォンに両替してください」
長くて覚えるのが大変なら、환전해주세요(ファンジョネジュセヨ)だけでもOKです。
両替所で日本円を出して「ファンジョネジュセヨ」と言えば伝わるはずです!

 

어디에요?「何ですか?」や뭐에요?「どこですか?」だけ覚えてしまえば、
あとは商品や地図を指差す作戦で伝えることができますね!

覚えやすいものから、楽しみながら勉強してみてください!

タグ

韓国語 覚えておきたいワンフレーズ 【食事編】

韓国旅行の楽しみと言ったら、やっぱり本場の美味しい韓国料理ですね!
ここでは飲食店に入ったり、食事をする際に使えるワンフレーズを紹介します

 

韓国語で話そう!【食事編】

(1)저기요!(チョギヨ!)・・・「すいません!」
店員さんを呼びたい時など、「あの~、すいませ~ん!」というニュアンスで使います。

(2)메뉴판 보여주세요.(メニュパン ポヨジュセヨ)・・・「メニューを見せてください」
「메뉴판 주세요(メニュパン ジュセヨ)」と短く、「メニューください」でもOKです!

(3)매워요? (メウォヨ?)・・・「辛いですか?」
疑問形にしたい時は日本語と同じように語尾を上げて発音します。
語尾を上げずに普通に発音したら「辛いです」になりますよ。

(4)안 매운 요리가 있어요?(アンメウンヨリガ イッソヨ?)・・・「辛くない料理ありますか?」
辛いものが苦手な方は、ぜひこの言葉を覚えておいてください!
韓国料理は辛いものだけではありません。辛くない美味しいものもたくさんありますよ!

(5)이거 주세요(イゴ ジュセヨ)・・・「これください」
料理名がわからなくても、メニューを指差して「イゴ ジュセヨ」と言えば注文はOKです!

(6)건배!!(コンベ!!)・・・「乾杯!!」
私は覚え間違えて「カンベ!」と叫んだことがあります。
「カンベ」の意味は「ヤクザ」です。みなさんも気をつけましょう!!

(7)잘 먹겠습니다.(チャルモッケッスムニダ)・・・「いただきます」
直訳は「たくさん食べちゃいます!」という意思表示です。

(8)맛있어요.(マシッソヨ)・・・「美味しいです」
「맛 (マッ)」が「味」、「있어요(イッソヨ)」が「ある」という単語なんです。
「味がある」で「美味しい」と覚えるといいですね。

(9)맛없어요.(マドプソヨ)・・・「美味しくないです」
「없어요(オプソヨ)」は「ない」という単語です。「味がない」で「美味しくない」。
マシッソヨとセットで覚えてみましょう!

(10)배불러요.(ペブルロヨ)・・・「満腹です」
「배(ペ)」が「お腹」、「불러요(ブルロヨ)」が「ふくれます」という意味をもっています。

(11)잘 먹었습니다.(チャルモゴッスムニダ)・・・「ごちそうさまでした」
直訳すると「たくさん食べました!」なので、食後の挨拶として使います。

(12)계산해 주세요.(ゲェサネ ジュセヨ)・・・「会計お願いします」
「계산(ゲェサン)」は「計算」です。日本語の発音とよく似ていますね!
「해주세요(ヘジュセヨ)」は「してください」です。

 

文章が少し長くなってきて、覚えるのが大変かもしれません。
ぜひ私の一言アドバイスも参考にして勉強してみてくださいね!!

タグ

韓国語 覚えておきたいワンフレーズ 【基本的な挨拶】

韓国語で基本的な挨拶をしよう!

(1)안녕하세요.(アニョハセヨ)・・・「おはよう」「こんにちわ」「こんばんわ」
挨拶は全てこれでOKです!いつでもどこでもまずはこの一言!

(2)처음 뵙겠습니다.(チョウムベッケスムニダ)・・・「はじめまして」
直訳すると「初めてお目にかかります」というとても丁寧な言い方です。

(3)잘 부탁합니다.(チャルブタカムニダ)・・・「よろしくお願いします」
お世話になるガイドさん、ホテルのスタッフさんに言ってみましょう!
きっと気持ちよくお仕事してくれると思います。

(4)감사합니다.(カムサハムニダ)・・・「ありがとうございます」
韓国人はとても親切です。旅行中に何か助けてもらったら使ってみましょう!

(5)죄송합니다.(チェソンハムニダ)・・・「申し訳ありません」
丁寧に謝るときに使います。
「미안합니다」(ミアナムニダ)だと「ごめんなさい」という少し軽い感じになります。

(6)안녕히 계세요.(アンニョンイ ゲセヨ)・・・「さようなら」
これは自分がその場から立ち去る場合に使います。
相手が立ち去る場合は「안녕히 가세요.」(アンニョンイ ガセヨ)です。
旅行の場合は自分が立ち去ることのほうが多いでしょう。

(7)조심해서 가세요.(チョシメソ ガセヨ)・・・「気をつけて」
「お気をつけてお帰りください」というニュアンスです。
サラッとこのフレーズが言えたら、韓国人から「お!やるなぁ!」と思われるかも!

(8)또 만나요.(ト マンナヨ)・・・「また会いましょう」
旅は一期一会ですが、ただ「さようなら」というのは淋しいですね。
「また会いたいな」と思った人には、この言葉を使ってみてください!きっと喜ばれます。

 

いかがですか?聞いたことのある言葉もあるかもしれませんね。
全部覚える必要はありません!
気に入った言葉だけ覚えて、言ってみることが大事ですよ!

タグ

このページの先頭へ