Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/twice-would/korean-master.net/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
韓国へ行く前の準備【宿泊編】 | 韓国文化の不思議 ~韓国旅行を100倍楽しむ方法~

韓国へ行く前の準備【宿泊編】

韓国のホテルに宿泊する際に注意すべき点、日本と違う点があります。
滞在中に困らないように、ここで勉強しておきましょう!

 

ホテルの基本

日本人旅行客が格段に増えた今日。
特別小さい所でなければ、ほとんどのホテルに日本語を話せるスタッフがいます。

案内表示やメニューなども日本語表記がされているので安心です。
ホテルで観光ツアーを申し込むこともできます。

どこの国に行ってもホテルに着いた際に迷うのがチップですが、
韓国のホテルでは特別なことが無い限りチップを渡す必要はありません。

 

まず室内をチェック!

シャワーやトイレの水の出が悪い、お湯が出ない・・・実はこのようなトラブルが少なくありません。
快適に過ごすためには、チェックインしたらまず一通り室内をチェックするのがポイントです!

韓国は夏以外の季節は非常に乾燥します。

特に暖房がはいる秋冬の部屋は乾燥が激しく、一晩で喉を痛めてしまいます。
ホテルによっては加湿器を貸してくれる場合もあるので、必要な方は確認してみましょう。

 

電気製品を使うには?

日本の電圧は110V、プラグの形はA型ですが、韓国の電圧は220V、プラグはC型・SE型です。
つまり日本の電化製品を韓国でそのまま使うことはできません。

220Vに対応していない電化製品を使いたい場合は変圧器が必要です。

変圧器はホテルの部屋に備え付けられていたり、貸してくれる場合もあります。
プラグに関しては日本のものと韓国のものでは形状が全く違うので、変換プラグが必要です。
変換プラグは日本の家電量販店や空港などで買うことができます。ひとつ500円程度です。

最近では日本のコンセントを完備したホテルも増えてきています。
可能であれば自分が宿泊するホテルがどのようになっているのか確認しておくのがいいでしょう。

 

水には注意が必要!

水道水は飲まないようにしましょう。シャワー、洗顔、歯磨きに使う場合は問題ありません。
韓国ではウォーターサーバーが普及していて、飲料用や料理にはその水を使ってます。

部屋にウォーターサーバーが設置されている場合もあります。

設置されていない場合はコンビニなどで必要な分を買っておくといいでしょう。
ホテルでも買うことができますが、そこはやはりホテル価格になっております・・

 

その他、貴重品の管理などを気をつけなければいけないのは基本中の基本!
治安はいい国ですが、盗難などがないわけではありません。

最善の注意を払って、楽しい旅にしましょう!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ