Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/twice-would/korean-master.net/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
韓国 食事のマナー | 韓国文化の不思議 ~韓国旅行を100倍楽しむ方法~

韓国の面白い「食事のマナー」

せっかく韓国料理を食べるなら、マナーにも気をつけてそれらしく食べたいですよね?

日本には食事中のマナーがたくさんありますが、
韓国にも韓国ならではの食事中のマナーが存在します。

韓国に行って、日本にいる時と同じように食事をしていたら、
「実はとんでもないマナー違反!!」なんてことになってしまうかもしれません。

そのようなことがないように、
さっそく韓国の食文化に関連するマナーをご紹介します!

日本人は要注意!!茶碗を持つのはマナー違反!!

日本では食器を持って食べるのがマナーとしては基本ですが、実は韓国ではマナー違反!
韓国では食器を手に持って食べるのはお行儀の悪いことなのです。

 

そもそも韓国の食器は鉄や陶磁器で作られている物が多いので、
熱かったり重かったりして、持って食べるのは非常に難しいのです。

日本人には違和感のあるマナーですが、
韓国料理を食べる際は思い切って食器を置いたまま食べましょう!

 

スプーンと箸は縦に置け!!

これも日本人が間違えやすいマナーのひとつです。

日本では箸を自分の正面に横にして置きますね。
しかし、韓国では自分の右側に縦に置くのが基本です。

また韓国料理はスプーン(匙)と箸を使って食べることが多いので、
両方セットで縦に置きましょう。

 

韓国では汁物とご飯はスプーンで食べ、おかずを箸で食べます。
また汁物や鍋物の残り汁をご飯にかけ、「ねこまんま」のようにして食べても問題ありません。

日本でそれをやるのはちょっと勇気がいりますよね?
でも韓国ではそれが正しい食べ方なんです。

 

残すのは「満足です!」の証

韓国料理は量が多く出てきたり、おかずが何種類も出てきたりします。
「残すのは失礼だ」と考える日本人は、無理してでもキレイに全て食べようとしてしまいます。

しかし韓国では、食事を残すことは
「お腹いっぱい食べました、満足です」の意味だと考えられています。

 

もちろんキレイに全て食べることはマナー違反にはなりませんし、とても良いことです!
でもあまりに一生懸命食べ続けていると、「まだまだ足りないのかしら?」と勘違いされ、
更に料理が出てきてしまうかもしれませんよ!?

お腹いっぱい満足したなら、無理せず感謝の気持ちを込めて残しましょう。

 

ここまでが基本的な韓国・食文化のマナーです。
この3点を知っていれば、韓国人のように韓国料理を食べられますね。

他にも
「目上の人と一緒にお酒を飲む時は、横を向くなどしてお酒を飲んでる姿を見せないようにする」
など、日本にはないマナーがあります。

韓国で食事をする時には、韓国人の食べ方やマナーを覗いてみるのも面白いですね!

タグ

このページの先頭へ