Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/twice-would/korean-master.net/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
韓国 オンドル | 韓国文化の不思議 ~韓国旅行を100倍楽しむ方法~

韓国の習慣 【家庭の寝室事情】

眠る時間というのは、人が生活するうえで大変重要な時間です。
日本ではベッドを利用する家庭が増え、その種類も多様化され日々進化しています。

それでは韓国ではどのように寝ているのでしょうか?
あまり知られていない韓国の寝室事情をご紹介します!

韓国の寝室事情

寒い韓国の強い見方、オンドル!

韓国の寝室事情を理解する上でまず知っておかなければならないのがオンドルです。
オンドルとは日本でいう床暖房で、冬の寒さが厳しい韓国では無くてはならないもの。

一戸建て・マンション問わず100パーセントに近い確率で設置されています。

もともとは台所で焚いた火の熱を床下に通しすことで床全体を暖めていました。
火を焚かなくなった現代ではボイラーの熱を利用し、
床全体に張り巡らされたパイプに熱を通しています。

そのため韓国の家庭の床はコンクリートにビニール床シートが貼られているだけ。
フローリングや畳、床にカーペットを敷くということも、ほとんど見ることはありません。

 

オンドルの暖かさは最強で、もちろん温度調節はできますが、
冬でも室内は半袖で過ごせるほどホッカホカ。

そのためオンドル以外の暖房機器はほとんど使われません。
韓国の家庭にもエアコンはついていますが、冷房機能しかないものばかりです。

私が下宿していた家庭でも当然オンドルが使われていました。

初めて迎えた冬は、あまりの部屋の暖かさに毎日のぼせていました。
頭がポケーっとしてしまい、とにかく喉が渇いて仕方がなく、全く勉強がはかどらない!

外は刺さるように寒いのに、家の中は長袖では汗ばむほど暖かい・・
その温度差のおかげで何度体調を崩したかわかりません!!

 

うすっぺら~い煎餅布団で・・・

最近ではベッド派も増えましたが、床に布団を敷いて寝る家庭もいまだにたくさんあります。
日本では床に布団を敷く場合、厚みのあるマットレスやふかふかの敷布団を使いますね。

しかし韓国ではスポンジが入っているだけのぺらっぺらのマットのような煎餅布団で寝ています。

掛け布団も羽毛が入った分厚いものなどは使われません。
その理由は上記で説明したオンドルがあるためです。

オンドルで床がホカホカに暖かいため、分厚い敷布団もふかふかの掛け布団も必要ないのです。
コンクリートの床にぺらっぺらの煎餅布団を1枚敷いただけの寝床。

私はなかなか慣れることができず、肩から腰までいつもガッチガチに凝っていました・・
でも日本にいた頃のように「寒くて布団から出られない」ということはなかった気がします!

 

厳しい冬が訪れる韓国では、その寒さを乗り切るための知恵が古くから息づいていました。
時代が変わった今でもその伝統が引き継がれているんですね!

オンドルは韓国の冬を代表するもの!最近ではオンドル部屋を完備したホテルも増えています。
あなたも一度体験してみませんか??

タグ

韓国の季節 ~冬~

韓国の冬

韓国の冬は11月中旬~2月頃です。

最も寒い1月には、一日通して氷点下、最低気温が-10℃を下回ることもしばしば。
乾燥も激しいので、より寒く感じます。韓国の冬をなめてはいけませんよ!!

 

厳しい冬を乗り切る知恵

厳しい寒さを乗り切るために必要不可欠なのが「オンドル」です。

オンドルとは日本でいう床暖房で、その歴史は古く高句麗時代にはすでに使われていたとか。
昔は台所で焚いた火からでる熱を床下に通し、家の床全体を暖めていました。

火を焚かなくなった現代ではボイラーを利用して、
床全体に張り巡らされたパイプに熱を通して暖めています。

そのため、韓国では家に入れば床から伝わる熱で家中ポカポカ。
エアコンなどの暖房器具はほぼ必要ありません。

新築のマンションなどでも、必ずオンドルは備え付けです。
床に布団を敷いて寝たり、床に直接座ることが多い韓国ではなくてはならないものなのです。

最近ではオンドル部屋のあるホテルも増えてきています。
寒い冬に韓国に行った際には、ポカポカのオンドルで冷えた体を温めてください!!

 

ウィンタースポーツを楽しもう!

寒い国だけあってウィンタースポーツが盛んです。その代表はスケート!
韓国にはスケート場がたくさんあり、ドラマや映画でもスケート場のシーンは数多く出てきます。

一年中スケートを楽しむことができる室内スケートリンクがロッテワールドスケートリンク。
「天国の階段」という大人気韓国ドラマの舞台です。

遊園地、レストラン、ショッピングモール、ゲームセンター、
ここに来れば1日飽きることはありませんよ!

ソウルのど真ん中でスケートを楽しむことができるソウル広場スケートリンク。

美しいイルミネーションに囲まれてロマンチックな雰囲気のウォーカーヒル野外アイスリンク。
などなど、ソウルのいたるところで楽しむことができるんです!

 

体を温めて寒さを吹き飛ばせ!

せっかく韓国に行ったのに、寒さに震えて終わってしまっては面白くありません。
上手に体を温めて、冬の韓国を楽しみたいですよね!

手軽に楽しめるのが韓国伝統茶です。

たくさんの種類がありますが、体を温めたり冷え性にいいのが
生姜茶(センガンチャ)と、なつめ茶(テチュチャ)。

日本では味わえない独特の風味で、
特になつめ茶は美味しくはないですが(!?)体を温めるには最適です。

韓国にはチムジルバンという施設があります。
日本の健康ランドのような韓国式サウナランドです。

館内専用のパジャマのようなものを着用し、色々な種類のサウナやお風呂を楽しむことができます。
食堂や売店、大きなテレビのあるホール、エステルームなどもあります。

睡眠スペースもあるため、宿泊も可能!
ホテルに泊まるよりかなり格安なので、一泊してみるのもオススメです。

 

東京出身の私は韓国の冬の厳しさに驚かされました。「寒い」というか「痛い」!!
乾燥も激しいので喉を痛めやすくもなります。

冬の韓国に行かれる際には、やりすぎかも?ぐらいの防寒と加湿対策に心がけてください!

タグ

このページの先頭へ