Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/twice-would/korean-master.net/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44
韓国の習慣 【家庭のお風呂事情】 | 韓国文化の不思議 ~韓国旅行を100倍楽しむ方法~

韓国の習慣 【家庭のお風呂事情】

韓国の一般的な家庭での習慣。ここではお風呂事情についてご紹介します。
隣りの国でも似ているようで、ちょっと違うんですよ!

韓国のお風呂

韓国人は朝シャン派!?

韓国ではお風呂は朝派の人が比較的多いようです。
夜は顔や足などをさっと洗う程度で、朝起きてから出掛ける前に全身綺麗に洗います。

私が下宿していた家でも、朝はひとつしかないお風呂場の取り合いでした。
私は顔を洗いたいだけなのに、何度も苛立たされた思い出があります・・

通勤通学の電車の中でも、髪が濡れたままで乗り込んでくる人をよく見かけました。
混んでいる電車内ではとても困ります・・それに、風邪ひきますよ!?

 

浴槽はありません!

実は韓国の多くの家庭は、お風呂に浴槽がありません。
浴槽があっても普段はあまり使われることはなく、シャワーで済ませる人がほとんどです。

私の下宿先の浴室はユニットバススタイルでした。
トイレ・洗面台・洗濯機・お風呂がすべて一部屋にまとまっていました。

浴槽はありましたが、その中は観葉植物などの鉢植え置き場になっていて・・
寒い冬も「湯船につかりたいな~・・」と思っていましたが、浴槽が空くことはありませんでした・・

というのも、実は韓国人はサウナが大好きなんです!

韓国にはチムジルバンという施設が数多くあり、サウナやあらゆるお風呂、
アカスリやエステも楽しめます。

家で湯船につからない分、頻繁にチムジルバンを訪れて、体を温めてのんびり過ごしているのです。

 

お風呂での場所取り戦争

チムジルバンなどの大衆浴場は日本とほぼ同じ作りで、
薬湯や様々な温度の浴槽があり、シャワーのついた洗い場があります。

実は韓国では洗い場の場所取りは当たり前!
洗面器やタオルなどの荷物で場所を取っておいてから、お湯にのんびりつかるのです。

私が韓国に住み始めたばかりの頃、チムジルバンに初めて行った時のお話。
洗い場が混んでいたのですが、洗面器とタオルだけ置いてあり、人のいない洗い場がありました。

「片付け忘れかな」と思い、それをどかして体を洗おうとしたら、韓国人のおばさんが飛んできて!!
「そこは私の場所なのよ!どきなさい!」と普通に怒られてしまいました・・

日本では常識がないと思われてしまう行為ですが、韓国ではこれが普通なんです。
みなさんは荷物の置いてある洗い場を見つけても近寄らないようにしてくださいね!

 

体を隠しているのは外国人!?

韓国人が大胆なのか、日本人が恥ずかしがりやなのか・・韓国のお風呂に行くと
驚かされることが多々あります。

韓国人はタオルで体を隠したりしません。全裸で堂々と歩き回ります。
体を隠して恥ずかしそうにしていると、「あぁ、外国人ね」とすぐにバレてしまいますよ!

アカスリを受ける時も、全裸のままベッドに寝かされ、全身くまなくスリスリされるんです!
アカスリしてくれるおばちゃんも、制服などではなく下着という大胆な姿で現れます。

脱衣所では全裸のまま飲食をしていたり、全裸のまま髪の毛を乾かしていたり。
こっちが恥ずかしくなってしまうような光景を目にすることがあるでしょう。

 

お風呂事情ひとつとっても、こんなに違いがあるんです。面白いですよね!
チムジルバンは韓国人の生態を見ることの出来る場所です。

いろんな種類のお風呂やサウナを格安で楽しめるのでオススメですよ♪

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ